城のあるまち 福のまち

福山城築城400年を契機として、先人の歩みや大切にしてきた思いを、あらためて振り返り、市民の心を一つにする機会とします。

さらに、福山城をはじめ、市全体の歴史・文化資源等の価値を再認識し、磨き上げ、その魅力を市内外に発信することで、「城があるまち福山」を市民全体の誇りとします。

福山城築城400年記念事業 概要

城のあるまち 福のまち | 福山城築城400年記念事業ロゴマーク
福山城築城400年記念事業ロゴマーク
ロゴマーク使用申請について

福山城の歴史

福山城は徳川幕府から西国鎮護の拠点として譜代大名・水野勝成が1619年(元和5年)、備後10万石の領主として入封し、1622年(元和8年)に完成した城です。

1873年(明治6年)に廃城となり、多くの城の建物が取り壊されました。さらに1945年(昭和20年)8月の空襲により国宝に指定されていた天守閣と御湯殿も焼失することとなりましたが、その後、1966年(昭和41年)に市制50周年事業により天守閣と御湯殿、月見櫓が復元されました。

(写真:明治7年頃の福山城北面。外壁は天守を除き、鉄板が貼られていました)

福山城の歴史へ

 

イベント情報