福山城築城400年記念基金 よみがえらせよう、福山城の魅力! -令和の大普請-

2022年に迎える福山城築城400年を記念し、城郭史上価値ある福山城の魅力を今によみがえらせ、その価値を後世に伝えるため、「福山城築城400年記念基金」を立ち上げました。

皆様からの御寄附を基金に積み立て、福山城の価値や魅力の向上に資する事業に活用させていただきます。

市民の皆様をはじめ、団体、企業の皆様のご協力をお願いいたします。

 

【福山城のあゆみ】

福山城は、1619年(元和5年)、初代藩主水野勝成が中国地方初の譜代大名として「西国鎮衛」の使命を担って入封し、1622年(元和8年)に築城しました。以降、水野家5代、松平家1代、阿部家10代の歴代藩主を通じて、幕末まで福山藩の政治の中心となりました。

1931年(昭和6年)、福山城天守が国宝に指定され、続いて1933年(昭和8年)、伏見櫓・御湯殿・筋鉄御門の3棟が国宝指定となりましたが、1945年(昭和20年)、福山空襲によって天守・御湯殿を焼失しました。

1964年(昭和39年)に城地が国史跡として指定、1966年(昭和41年)には市制施行50周年を記念して、天守・月見櫓・御湯殿が、当時の市民の皆様のご寄附により再建され、現在まで本市のシンボルとして市民の皆様に愛されています。

2022年(令和4年)に迎える福山城築城400年を記念し、西国鎮衛として城郭史上価値ある福山城の魅力を今によみがえらせ、その価値を後世に伝えるための事業に取り組みます。

 

【寄附の方法】

■インターネットによるクレジット決済

■福山市への申込み

  • 金融機関での振込
  • 郵便局での振込(市外在住の方のみ)
  • 現金書留
  • 自治体窓口

 

【寄附の使い道】

(主な内容)

■福山城天守外観復元

福山城天守等の耐震改修に合わせ、全国の城で「唯一」といわれる福山城天守北側鉄板張りなどの外観復元をめざします。

 

■福山城博物館リニューアル

1966年(昭和41年)の開館以来「初」となる福山城博物館のリニューアルを行います。

 

■史跡福山城跡の保存・整備

1873年(明治6年)の廃城令後に失われた二之丸西側の石垣を「約150年ぶり」に復元するなど、史跡福山城跡の保存・整備を行います。

 

■夜間景観照明(ライトアップ)整備

福山城をライトアップし、夜間の魅力を創出します。

 

■福山城築城400年記念祝賀行事の開催

「福山城築城400年」を祝う市民参加による記念行事を開催します。

 

【寄附していただいた皆様へ】

ご寄附いただきました金額に応じて、次の特典を提供させていただきます。(個人・法人)

 

1万円以上

【特典1】証明書の発行・WEB顕彰

 

4万円以上

【特典1】
【特典2】記念誌贈呈

 

40万円以上

【特典1】
【特典2】記念誌贈呈(名前掲載)

 

100万円以上

【特典1】・【特典2】
【特典3】記念章(バッジ)

 

400万円以上

【特典1】・【特典2】・【特典3】
【特典4】芳名板

 

1,000万円以上

【特典1】・【特典2】・【特典3】・【特典4】
【特典5】記念イベント招待(ライトアップ点灯式、福山城博物館内覧会等)

 

4,000万円以上

【特典1】・【特典2】・【特典3】・【特典4】
【特典5】記念イベント招待(ライトアップ点灯式、福山城博物館内覧会等)

 

※記念誌は、2023年(令和5年)3月末発行予定です。
※記念イベントの開催日程など詳細については、別途お知らせします。
(招待券は後日発送します。)

 

【寄附に対する税制上の優遇】

個人で都道府県・市町村への年間2,000円を超える寄附をされた場合、2,000円を超える部分について所得税及び復興特別所得税・住民税から原則として全額が控除されます。(一定の上限はあります。)

なお、控除を受けるためには、原則として納税者名義での寄附の申し込みと、寄附を行った翌年に確定申告を行う必要があります。ただし、確定申告の不要な給与所得者等は、寄附(ふるさと納税)先の自治体数が5団体以内である場合に限り、寄附を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」があります。

また、法人が寄附された場合は、寄附金額の全額を損金算入できます。

 

詳しくは下記のサイトをご覧ください。