福山城築城400年×「信長の野望」応援サポーターに決定!

福山城築城400年記念事業の取組を市民の皆さんはもちろん、国内外の幅広い世代の方々に発信していきたいという思いを、株式会社コーエーテクモゲームス様にご賛同いただき、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」と「福山城築城400年」とのコラボレーションによるPRが決定しました。

PR企画の第一弾として、「信長の野望」に登場する武将の中から、初代藩主水野勝成とゆかりの深いキャラクター(9人)に今回、福山城築城400年応援サポーターに就任していただくことになりました。

水野勝成については、現在、福山城築城400年のオリジナルデザインをコーエーテクモゲームス様で制作していただいており、完成次第、発表させていただきます。

応援サポーターに就任した「信長の野望」の武将には、福山城築城400年記念事業のポスターやチラシ、パンフレット、公式サイトやフェイスブックなど様々な媒体に登場していただき、PRに協力いただくとともに、(スマホでプレイできる)アプリゲームを含めた、「信長の野望」シリーズとのコラボもしていただける予定です。

また、サポーターを活用したPRグッズも制作することにしており、福山城築城400年記念基金への寄附に対する返礼品等にも活用していきます。

 

福山城築城400年x信長の野望コラボポスター

 

福山城築城400年応援サポーター 一覧(勝成とのゆかり)

徳川家康 / 信長の野望

徳川家康

-水野家と深いつながりのある徳川家の当主-

 

勝成は母方のいとこにあたる。勘当状態だった勝成と父・忠重を和解させ、忠重の死後、三河刈谷3万石を相続させた。

家康の子・秀忠の命により、勝成は備後へ入り、福山城を築城した。

 

織田信長 / 信長の野望

織田信長

-勝成に旗印を与えた戦国の覇者-

 

高天神城攻めでは織田家の家臣として戦い、16ながらも首級を挙げ、感状をもらった。

また戦功の証として「永楽銭の旗印」の使用を許可されたが、勝成は恐れ多いと「裏永楽銭の旗印」を使用している。

 

豊臣秀吉 / 信長の野望

豊臣秀吉

-勘当され放浪していた勝成を引き取った天下人-

 

父親から勘当されて出奔後、豊臣秀吉に仕え、雑賀攻めや四国征伐などに従軍した。

戦後、摂津国豊島郡内(現大阪府)に700石の知行を許されている。

 

伊達政宗 / 信長の野望

伊達政宗

-大坂の陣でともに戦った独眼竜-

 

大坂夏の陣で行われた合戦の一つ・道明寺の合戦でともに戦い、城方の先陣・後藤又兵衛や薄田兼相らを討ち取った。

また、城方の後陣・真田幸村や毛利勝永の進軍を阻むなどの戦功を立てた。

幸村や勝永が撤退する際、勝成は追撃を主張したが、政宗ら諸将は応じなかったという。

 

佐々成政 / 信長の野望

佐々成政

-放浪中の勝成を引き立てた肥後国主-

 

勝成が放浪時代に仕えたうちの一人。

成政が肥後国主となった後に起きた肥後国人一揆では、菊池城攻めで一番槍の功を立てるなど、一揆の鎮圧に大きく貢献した。

 

小西行長 / 信長の野望

小西行長

-放浪中の勝成を引き立てた、商人出身の知将-

 

成政の後に仕え、1000石を賜った。

天草五人衆が反乱を起こした際には、総大将・小西主殿介(小西行長の弟)の副将として出陣し、反乱の鎮圧に貢献している。

 

加藤清正 / 信長の野望

加藤清正

-勝成の義理の弟となった、虎退治の猛将-

 

勝成の妹は清正の正室・清浄院。

勝成自身も清正に仕えていた時期がある。加藤家が改易となった際に、勝成は子・勝俊とともに熊本城の受け取り役を務めた。

 

黒田長政 / 信長の野望

黒田長政

-放浪中の勝成を引き立てた、熟慮断行の勇将-

 

勝成が放浪時代に仕えたうちの一人。

豊前で国人一揆が発生した際は、長岩城攻めに従軍。

城を攻めあぐねた黒田軍が一時撤退する際に、黒田家の後藤又兵衛と殿(しんがり)を争っている。

 

宮本武蔵 / 信長の野望

宮本武蔵

-大坂の陣で勝成の陣を護衛した、生涯無敗の剣豪-

 

大坂夏の陣には、武蔵は勝成の子・勝俊の護衛役として参陣した。

武蔵の養子・宮本三木之助(みやもとみきのすけ)は、水野勝成の家臣・中川志摩之助の子で、大坂の陣後に武蔵の養子となった。

福山市内には武蔵が腰かけたとされる「宮本武蔵腰掛石」がある。

福山城築城400年記念基金 よみがえらせよう、福山城の魅力! -令和の大普請-

2022年に迎える福山城築城400年を記念し、城郭史上価値ある福山城の魅力を今によみがえらせ、その価値を後世に伝えるため、「福山城築城400年記念基金」を立ち上げました。

皆様からの御寄附を基金に積み立て、福山城の価値や魅力の向上に資する事業に活用させていただきます。

市民の皆様をはじめ、団体、企業の皆様のご協力をお願いいたします。

 

→「福山城築城400年記念基金 よみがえらせよう、福山城の魅力! -令和の大普請-」詳細ページへ