福山城築城400年記念事業について

事業の目的

福山城築城400年を契機として、先人の歩みや大切にしてきた思いを、あらためて振り返り、市民の心を一つにする機会とします。

さらに、福山城をはじめ、市全体の歴史・文化資源等の価値を再認識し、磨き上げ、その魅力を市内外に発信することで、「城があるまち福山」を市民全体の誇りとします。

 

 

事業推進期間

  • 2017年度(平成29年度)~2022年度(平成34年度)
  • 2019年度(平成31年度) 水野勝成初代藩主入封400年
  • 2022年度(平成34年度) 福山城築城400年

その他、福山城に関連する事項の節目(周年)と結び付け、事業推進期間の年度ごとにテーマを持って事業を推進します。

 

事業構成

福山城顕彰事業

 <事業内容>

  • 福山城の歴史・文化資源の顕彰を行うとともに、福山城及び周辺の整備を行います。

 <おもな事業>

  • 福山城の歴史・文化資源の顕彰事業
  • 福山城及び周辺整備事業

福山城顕彰事業 詳細ページへ


歴史・文化事業

<事業内容>

福山城をはじめ福山の歴史・文化の価値や魅力を高め、次代につなげる事業を行うとともに、藩主ゆかりの自治体等と連携した事業を行います。

<おもな事業>

  • 歴史に関する事業
  • 伝統文化・産業に関する事業
  • 地域の歴史・文化事業
  • その他歴史・文化に関する事業
  • 藩主ゆかりの自治体等との連携事業

歴史・文化事業 詳細ページへ


交流事業

<事業内容>

地域資源を生かし、新たな産業・観光につなげる事業を行います。

<おもな事業>

  • 福山城等での民間団体等による交流事業

 

交流事業 詳細ページへ


市民企画事業

<事業内容>

市民や団体自らが企画・実施する事業を行います。

<おもな事業>

市民、団体が企画・実施する事業

イベント一覧ページへ


○情報発信(主な事業と事業例)

  • 広報誌の活用/市広報の特集シリーズ化
  • SNSの活用/公式サイト、フェイスブックの開設 等
  • ロゴマーク等の活用/キャッチフレーズ、ロゴマークの制作、公共施設や企業等でのPR等
  • PRグッズの製作/看板・幟旗の制作・設置 等

 

☆2017年度(平成29年度)情報発信 事業例

①キャッチフレーズの募集・決定

 「城のあるまち福のまち」

  • 募集期間:2017年(平成29年)8月18日(金)~同年9月19日(火)
  • 応募件数:517件
  • 投票期間:2017年(平成29年)10月2日(月)~10月20日(金)
  • 投票総数:363票(うち投票数95票)
  • 決定:2017年(平成29年)10月31日(火)

 

②ロゴマークの募集・決定

 福山城築城400年記念事業ロゴマーク

  • 募集期間:2017年(平成29年)11月1日(水)~同年11月24日(金)
  • 応募件数:228件
  • 投票期間:2017年(平成29年)12月15日(金)~2018年(平成30年)1月11日(木)
  • 投票総数:22,391票(うち投票数9,998票)
  • 決定:2018年(平成30年)1月16日(火)

 

③その他
  • 公式ホームページ・フェイスブックの開設
  • PRグッズの制作・活用