福山城デジタルアーカイブ

歴代藩主 水野勝成から16代藩主 阿部正桓までの歴代藩主の紹介や古地図・古写真などの資料から見える
福山城の姿を「福山城デジタルアーカイブ」として紹介します。

福山藩 松平家 初代藩主 松平忠雅(まつだいらただまさ)

藩主在任期間
1700年(元禄13年)~1710年(宝永7年)
生没年
1683年(天和3年)~1746年(延享3年)

 1683年(天和3年)松平清輝の長男として出羽山形に生まれる。1700年(元禄13年)に山形から福山への移封が決定するも、当時の福山は埋め立てを起因として大きく石高が変わっており、総検知や天領への差し引きが実施され、なかなか拝領地が決まらなかった。検知も完了し笠岡等が天領として査収されることで具体的な領地が決定、1709年(宝永6年)にいよいよ忠雅は福山領内に入るのだが1710年(宝永7年)に今度は伊勢桑名へ移封となってしまう。よってその治世はわずか10年余りとなった。伊勢桑名に移封してからは藩政改革に勤しむ等、良主として活躍する。
 福山藩入封の松平家は通称奥平松平、元は奥平姓で三河の豪族であった。奥平信昌と徳川家康長女の間に生まれた家祖忠明が家康の養子となることで松平の姓を授かっており、やはり水野家・阿部家と同様に譜代大名の家柄である。大和郡山・播磨姫路・下野宇都宮等様々な土地に移封となり、最終的に入封した武蔵忍藩時代にはペリー来航に伴い江戸品川台場の守備にあたっている。

松平忠雅画像

(個人蔵・行田市郷土博物館保管)

束帯姿を描いた忠雅肖像画。上着である黒い袍(ほう)・腰に挿した太刀の鞘・平打ちの組緒(平緒)に松平家家紋である九曜紋が描かれる。

松平忠雅自画賛「春の日に」

(行田市郷土博物館蔵)

手前に柳、奥に瀧を配する忠雅直筆の作品。
「春の日に 岸の青柳 打なひき あかたけとせる 瀧の白糸」

元禄十三年備後国御検地水帳

(福山城博物館蔵)

1699年(元禄12年)、幕府は藩主不在の状態であった福山において検地を行う。同年初旬に老中戸田山城守から岡山藩池田家に命が下され、岡山藩家老池田靱負(ゆきえ)を検知総奉行とし、岡山藩藩士2,412人を動員し行われた。
村ごとに田地・畑・居屋敷は元より野原や山林、当然新開田畑も対象とし、面積・石高、家長の名、そして上・中・下を基本とする等級付を行う大掛かりなものであった。翌年には目録を幕府へ提出、その後3か月の評定をもって一通りの完了を示した。
最終的に幕府が出した結論としては15万52石であったため、神石・安那の一部を含めた上下備中笠岡等が天領として査収されることとなった。尚、松平忠雅の入封決定は1700年(元禄13年)の、まだ検地が終了していない時期であったため、具体的な領地の決定及び入封は暫く待たなければならなかった。

松平忠雅書状【婚礼の祝い】日向清兵衛宛

(個人蔵・福山城博物館寄託)

年は不明だが忠雅から清兵衛に対して婚姻について祝辞を述べたもの。また日向清兵衛について、官位は不明であるが1705年(宝永2年)の松平家家臣をまとめた「福山藩松平忠雅分限帳」に奥平清兵衛・番頭並七百弐拾石とあり、この人物に対して出されたものであることが分かる。