更新日:2022年9月6日

戦国時代に水野家を支えた女性たちを知っていただく場として、“水野家20代当主 水野勝之講演会”を行いました。

【開催日】2022年8月26日(金)

【ご来場者数】90名

【主催】福山商工会議所女性会


福山城築城400年を記念して、水野宗家20代当主 水野勝之氏を講師に、「水野家を支えた女性たち」をテーマに講演会を開催しました。
また、当女性会の「会員増強運動」の一環として、会員以外の一般の方にも、女性会の活動について知っていただく場として取り組みました。
講演では、水野勝之ご自身の経歴にも触れ、一般社団法人霞会館の常務理事として天皇家、ご皇族方とも親睦を図られていることや身近な女性として、苦労して育ててくれた母を一番に誇りに思うことや、孫の代まで女系家族であることを伺いました。初代福山藩主水野勝成公をはじめとした水野家の変遷、勝成公の叔母で、岡崎城主松平家に嫁ぎ、後に徳川家康を生んだ於大の方が政略離婚されたことや、於大の母である於冨は絶世の美女で、三河の諸豪族と再婚したこと、勝成公の妹かなは、加藤清正の妻であることなど、戦国時代を生きた女性たちは、政略に翻弄されていたことを知ることができました。

【主催者の感想】

福山城築城400年を期に、城下福山の名を改めて誇りに思い、今後もまちづくりや観光振興などに尽力していきたい。