あゆみ - 福山市

古代~市制施行

古代の福山は、現在の市の中心部のほとんどが海の中であり、芦田川流域は新市町、府中市あたりまで深く入り込んだ海で、『穴の海』と呼ばれていました。

古くから潮待ち風待ちの港として栄えた鞆の浦は、瀬戸内海の中央、沼隈半島の先端に位置し、万葉集でも大伴旅人の歌にも詠まれました。

平安のころから芦田川に三角州が形づくられ、鎌倉時代には、今は芦田川の中洲に眠る草戸千軒町が明王院の門前町として栄えていました。

江戸時代に入り、1619年(元和5年)、水野勝成が備後10万石の領主となり、3年後に福山城を築き、地名を『福山』と名づけました。

福山城VR Special Site
福山城の魅力を体感しよう!

その後、芦田川の河口の三角州の干拓や、日本で5番目に古い水道をひくなど城下町としての整備を進めました。

1889年(明治22年)の市町村制により福山町となり、地方行政の中心的役割を果たし、1891年(明治24年)山陽鉄道開通などを契機にまちの基盤が形成されました。

画像 - 城と鉄道
城と鉄道

市制施行~戦災

1916年(大正5年)7月1日、全国で73番目、県内では広島、尾道、呉に次いで4番目に市制を施行し、福山市が誕生しました。当時の人口は32,356人、面積は5.8平方キロメートルでした。市制施行後、当時の市域の9割が被害にあった大水害などの困難を乗り越え、上水道の敷設、芦田川の改修などに取り組みました。

1933年(昭和8年)に隣接10ヵ村、1942年(昭和17年)に2ヵ村との合併により市域を拡大しましたが、1945年(昭和20年)8月8日、戦災により市街地の8割を焼失し、多くの死傷者が出ました。

画像 - 元町(もとまち)より北西を望む。正面は伏見(ふしみ)櫓(やぐら)。左の建物(たてもの)は三菱(みつびし)電機(でんき)第一工場(現東京三菱銀行)手前正面は伏見町
元町(もとまち)より北西を望む。正面は伏見(ふしみ)櫓(やぐら)。左の建物(たてもの)は三菱(みつびし)電機(でんき)第一工場(現東京三菱銀行)手前正面は伏見町

戦災復興~備後の中核都市

戦災による大きな被害も、市民のおう盛な復興意欲と郷土愛によって、翌年から戦災復興事業として土地区画整理事業に着手し、現在の近代的な市街地が形成されました。1956年(昭和31年)には隣接10ヵ町村と合併し、国道などの基盤整備を進めて、山陽・山陰と四国を結ぶ産業・文化・交通の要衝都市として急速に成長しました。

古くから地場の繊維産業を基盤としてきましたが、1961年(昭和36年)、単一工場としては世界最大といわれる日本鋼管福山製鉄所の立地決定により、重工業主体の産業都市へと転換していきました。1964年(昭和39年)には備後工業整備特別地域の指定も受け、1966年(昭和41年)の製鉄所操業開始とともに関連企業も進出し、瀬戸内海の臨海工業都市として脚光を浴びることとなりました。

また、近隣地域との一体的発展をめざして、1962年(昭和37年)に深安町と、1966年(昭和41年)に松永市と、1974年(昭和49年)に芦田町と、1975年(昭和50年)に駅家町・加茂町と合併し、市域・人口も拡大・増加し、名実共に備後地域における中核都市となりました。

画像 - 復興博覧会(昭和22年)
復興博覧会(昭和22年)

福山市の今、、、

2003年(平成15年)2月に内海町・新市町、2005年(平成17年)2月に沼隈町、2006年(平成18年)3月に神辺町と合併を重ね、

市域 518.07平方km - 福山市
人口 約470,000人 - 福山市

を擁する、中国地方では4番目の都市となっています。

2015年(平成27年)2月に、備後圏域の6市2町(福山市・三原市・尾道市・府中市・世羅町・神石高原町・笠岡市・井原市)の中心となって、圏域全体の人口減少対策や経済成長などの連携を進める

連携中枢都市宣言 - 福山市

を行っています。

このように都市の規模が拡大していく中で、市民の間に根付いたのが、現在の協働のまちづくりとなっている

ばらのまちづくり - 福山市

です。『ばらのまちづくり』は、1956年(昭和31年)に「荒廃したまちに潤いを与え、人々の心に安らぎを取り戻そう」と、現在のばら公園付近の住民と行政が協働して約1,000本のばら苗を植えたことから始まりました。戦後復興の希望をばらに託した『ばらのまちづくり』は市民主体のまちづくりへと発展し、2016年(平成28年)5月21日の『ばらの日』に「100万本のばらのまち」を達成しました。

 

人の想いをつなぐ ROSE MIND

2016年(平成28年)7月1日に

市制施行100周年 - 福山市

を迎えました。これまでの100年にわたる福山の歴史への感動、今の福山をつくりあげた先人たちへの感謝、そして新たな未来を創造する夢、この『感動・感謝・夢』を育み、飛躍と希望に満ちた次の100年へつなげています。

福山市の伝統工芸・産業
福山琴
福山琴
ふくやまこと

福山は琴の生産地として有名です。歴史は古く、水野勝成が福山藩主だった時代に始まります。歴代の藩主が奨励したことから城下町では歌謡、音曲が盛んに行われたと伝えられています。

幕末から明治にかけて優れた琴の演奏者も誕生。正月の定番メロディ『春の海』は筝曲家・宮城道雄が瀬戸内海をイメージしてつくったといわれています。

最高級の桐材を使う福山琴は、桐材の乾燥までに1年,その後の製造工程は今もほとんどが手作業です。甲の木目の美しさ、装飾の華麗さなど手づくりの良さが随所にあふれ,音色も美しく,長年の使用に耐える優秀な琴として有名です。

熟練の職人によると「一つひとつ木は違う。どういう刳り(穴をあけたりすること)にするのか感覚で行う」とのこと。熟練の技が美しい音色の琴を仕上げています。

備後畳表
備後畳表
びんごたたみおもて

びんご畳表は表皮が厚く、粒揃、光沢がある上、青味を帯びた銀白色の美しい藺草(いぐさ)を厳選して使用した高級な畳表として、全国的に名声を博しており『備後表(びんごおもて)』の名称で広く愛用されています。

南北朝時代(347年頃)の公家中原師守の書いた日記『師守記』の中で「父の供養の為、備後筵(むしろ)をお布施した」との記載があり,この頃から既に畳表が栽培・製織されていたことが伺えます。

その後、1532~1557年では南部の山南(さんな)村で藺草を栽培し,引通表(ひきどおしおもて)を製織した記録が残っており、ここで藺草の産地としての基盤が確立したものと考えられています。

福山藩では、藩政時代を通じて実施された公用表の検収制度は、明治以降も検査制度として引き継がれ、組合を設立して畳表に証糸を織り込むなど、品質保証に努めた結果、2007年度には内閣総理大臣賞を受賞、京都御所の迎賓館にも送られました。

備後絣
備後絣
びんごがすり

備後絣は伊予絣、久留米絣と並ぶ日本三大絣のひとつであり、昭和30年代には年間300万反も生産され全国一の絣の生産量を誇っていました。

江戸時代末期、現在の福山市芦田町に住んでいた富田久三郎が織物の研究を重ね、製作技法を考案して作った絣織物が発祥とされ、最初に織った模様が井桁模様といわれています。

明治初期に品質改良が進み、美しさ,珍しさが人々の注目を浴び、『備後絣』の名称で全国に広がりました。

今では、絣の単純素朴な色彩、デザインは和服,洋服だけでなく小物などにも利用されています。

松永下駄
松永下駄
まつながげた

明治時代初期,松永では製塩業が盛んでした。塩を煮詰める薪を使って下駄を作ったのが松永下駄の始まりといわれています。

当時の主流は高価な桐材の下駄でしたが、松永下駄は『安価な大衆の下駄』として全国に広がり、機械化による大量生産で1955年(昭和30年)頃のピーク時には年間5,600万足の全国一の生産量を誇っていました。

「カランコロン」と鳴る二枚歯は松永下駄独自のものでしたが,最近では,右近ソフト(スポンジゴムが裏についたもの)が主流で、鼻緒の幅が広いものや備後絣で作られているものなどさまざまなバリエーションがあります。

今も昔も強いこだわりが下駄作りを支えています。

保命酒
保命酒
ほうめいしゅ

江戸時代初期、大阪の漢方医・中村吉兵衛が長崎出島に薬草の買い付けに向かう途中に立ち寄った鞆で見つけた地酒『吉備の旨酒』に、生薬を漬け込んだのが始まりとされ、以降、現在の太田家住宅で『十六味地黄保命酒』として醸造が開始されました。

16種類のハーブを漬け込んだ薬味酒で、江戸時代、福山藩は代々保命酒を御用酒としていたことから備後の特産品として広がりました。

ペリーが開国を迫って日本にやってきた当時の老中首座(今の内閣総理大臣)は、福山藩主の阿部正弘でした。そのためペリー一行をもてなす宴会にも保命酒がふるまわれたということです。

現在では、鞆の浦地域で4社が製造しています。