新市駅から歴史文化を発信しています

更新日:2019年3月6日「お知らせ

福山新市ライオンズクラブ様から,初代藩主水野勝成入封400年を機に,勝成が本殿を再建した備後一宮吉備津神社や,桜山が福山城築城の候補地であったなどゆかりの地である新市町の魅力を発信するため,新市駅を情報発信の拠点として活用したいとのご提案をいただきました。

このたび,JR西日本岡山支社のご協力をいただき,特産品のデニムや写真パネルなどで装飾された待合室の改修が完了し,2月27日に関係者に披露されました。

今後は,新市町の魅力を発見し,PRするため,写真の公募や,町内の小・中・高校と連携して,総合的な学習やクラブ活動の発表の場も設けていきたいとのこと。

築城400年に向けて,新たにボランティアガイドも誕生した新市町。多くの人に訪れていただき,情報発信や交流の機会が増えることを期待しています。