応援サポーターの紹介

応援サポーター

静岡大学名誉教授

小和田 哲男さん

1944年生 静岡県静岡市出身

1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。現在は、静岡大学名誉教授、文学博士、公益財団法人日本城郭協会理事長。
専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。
また、NHK総合テレビ「歴史秘話ヒストリア」およびNHK Eテレ「知恵泉」などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。
NHK大河ドラマでは、1996年の「秀吉」、2006年の「功名が辻」、2009年の「天地人」、2011年の「江~姫たちの戦国~」、2014年の「軍師官兵衛」、2017年の「おんな城主 直虎」で時代考証を務め、2020-21年の「麒麟がくる」も担当している。

Message

私が理事長を務めている公益財団法人日本城郭協会で「日本100名城」を選定しましたが、激戦区広島県で、毛利氏の郡山城・広島城とともに福山城が入りました。伏見城から移築された伏見櫓は風格があり、私も好きな城郭建造物の一つです。また、築城者徳川家康の従兄弟水野勝成の戦国武将としての生き方も魅力的です。

応援サポーター

声優

福山 潤さん

1978年生 広島県福山市生まれ

1997年、「月刊Asuka」のラジオCMナレーションでデビュー。青二塾大阪校13期1組卒業。現在は、2018年4月1日より立花慎之介氏とともにBLACK SHIP株式会社代表取締役CEO。
デビュー後、数々の作品に出演し、今までの出演アニメ作品数が男性声優の中で最多を誇っている。2006年には日本アニカン大賞・男性声優賞を受賞。同年に文化放送Event「アニメグランプリ2016」最優秀男性声優賞受賞。「まんがベストテン2006」声優賞受賞。2007年に初代声優アワード主演男優賞を受賞。日本アニカン大賞を2年連続受賞。2009年には「東京国際アニメフェア2009」声優賞、第3回声優アワード海外ファン賞を受賞。

Message

「福山城築城400年」応援サポーターを務めさせていただきます、声優の福山潤です。福山のシンボルでもあります福山城の整備や築城400年記念プロジェクトに皆さまの応援と御支援を是非、お願い致します。私も、自身が生まれたこの福山に微力でも恩返しが出来れば幸いです。宜しくお願い致します!!


応援サポーター

落語家

春風亭 昇太さん

1959年生 静岡県清水市出身

新作落語の創作活動に加え、昇太独自の解釈で古典落語に取組み、文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、新作、古典問わず高い評価を得ている実力は真打。さらに、演劇への出演も多く役者としても活躍し、ミュージシャンとのライブも意欲的に行うなど、ジャンルを超えて積極的に活動している。
また芸能界きっての城好きであり、趣味は城郭見学、山城の魅力に惹かれ、全国の山城へ時間があればめぐるほどである。この長年にわたる「お城めぐり」が高じ、著書の発行、城郭フォーラムのパネラー、講演、城イベントの出演も多い。

Message

福山市には、相方城・神辺城、山手銀山城などなどの魅力的な城跡が数多く有ります。まだ見ぬ城は訪問したいし、もう一度行きたいお城もたくさんあって城好きには堪らない場所!福山城も、奇跡的に焼失を免れて現存する伏見櫓や筋鉄御門だけでなく、復元した天守や御湯殿などの街のシンボルである福山城を、今回の令和の大普請でその価値をさらに高めようとしていることはとても素晴らしいことだと思います。全国唯一の天守北側鉄板張りも見てみたいです!2022年の福山城築城400年の応援をよろしくお願いします。

応援サポーター

ミュージシャン

岡峰 光舟さん

1979年生 広島県福山市出身

ロックバンドTHE BACK HORN(ザ・バックホーン)のベーシスト。
THE BACK HORNは2018年に結成20周年を迎え、2019年2月には3度目となる日本武道館でのワンマン公演を成功させた。手数の多いメロディアスなベースライン、スラップやタッピング奏法、和音弾きなど多彩なプレイでバンドの軸を担っている。歴史への造詣も深く、テレビやラジオなどにもゲストとして多数出演しており、日本100名城も全て登城している。

Message

福山出身の自分としては福山城は常に生活の中心にありました。小学生の時は護国神社周辺でよく遊んでいたし、中高生の時は城の公園で友達と放課後の一時を過ごしたりと。その後東京に出て22年が経ちましたが、時間があれば福山に帰省して、よく城を散歩しています。
昭和20年8月の福山空襲までは水野勝成公が福山城を築城してからそのまんま現存してた天守を想像しながらの散策も楽しいですね。北側の守りが弱いから、と鉄板を張ってたというのも見てみたかったですね。たまに福山城の古写真が発見されてるみたいなんでこれからも期待であります。あと、よく福山以外の方からの福山の印象、「あの駅の中に城があるとこでしょ!」て言われるので、「城の中に駅がある!」という風に変えていきたいと思います!


応援サポーター

ミュージシャン

清水 泰次さん

1968年生 北海道千歳市出身

ロックバンド怒髪天のベーシスト。
「フロントマンより前へ」をモットーに、魅せるライブスタイルと一風変わったベースラインを持ち味に怒髪天サウンドを支える。また、Fugaziとの共演の経験を持ち、国内のみならずUSコアへの造詣も深い。
趣味は野球観戦とツアーの合間の全国城巡り。
日本100名城公式ガイドブックを片手にスタンプを集め歩いている。フォークデュオ『グリーンハイツ』、ユニット『GARAKUTA KOJO』でも活動中。

Message

この度ご縁がありまして「福山城築城400年」応援サポーターの任を受けました、怒髪天でベースを担当する清水泰次です。もともとお城巡りが好きでバンドのツアーの合間などに全国のお城をたくさん見てきました。僕はお城のある街が大好きです!!そして季節はもうすぐ春!福山城の桜はとても綺麗だと聞いています。福山城を眺めながらのお花見は最高でしょうね!いつか僕も参加させて下さーい!!これから明るく楽しくそして元気に福山城築城400年を盛り上げていきたいと思います!今後ともよろしくお願い致します。

応援サポーター

女優

西田 尚美さん

1970年生 広島県福山市出身

モデルとして、女性ファッション雑誌等で活躍。1993年のテレビドラマ「オレたちのオーレ!」への出演をきっかけに女優に転身。2016年、本市市制施行100周年記念映像 案内役。

【主な出演作】
1997年 ひみつの花園(映画)
2000年 ナビィの恋(映画)
2014年 マッサン(NHKテレビ)
2017年 楽園(wowow)
2019年 不機嫌な女神たち プラス1(舞台)
2020年 半沢直樹(TBSテレビ)
2020年 空はどこにある(映画)
2021年 あの頃。(映画)

Message

福山に着いたら、いつもお城が出迎えてくれました。私はお城を見ると、いつもホッとします。新幹線がだんだん福山駅に近づいてきて、お城が見えた瞬間の安心感。それは、きっとずっとそうだと思いますし、福山出身でどこかしらに出た方は同じことを感じるのではと思っています。福山城築城400年、皆さま応援よろしくお願いいたします!


応援サポーター

元プロ野球選手

江草 仁貴さん

1980年生 広島県福山市出身

2002年 阪神から自由枠獲得制度で指名される。背番号は26。
2009年 キャリアハイとなる62試合登板を記録。
2011年 西武に移籍。背番号は14。
2012年 出身地・広島の広島東洋カープに移籍。背番号は29。26試合に登板した。女子バレーボール元日本代表、竹下佳江と結婚。
2017年 9月20日に現役引退を表明。
2018年 大阪電気通信大硬式野球部コーチに就任。株式会社キアンを設立、代表取締役に就任。自社にて、講演会やイベント出演・地域貢献活動に従事。地元福山への恩返しとして、地域奉仕活動にも力を入れている。

Message

福山出身として、福山城はとても思い出深い場所です。小学校の写生大会、遠足の行事や友人と遊びに行ったこと、家族でお城に行ったことなどは、今でもはっきりと覚えています。東京、大阪などに行った時も、「どこの出身?」と聞かれ、「福山です!」と言うと「あ、駅からお城が見えるところね!」とよく言われました。そんな福山のシンボル“福山城”の築城400年を一緒に盛り上げて行きましょう。皆様、よろしくお願いいたします。

応援サポーター

ジャズドラマー

藤井 学さん

1966年生 広島県福山市出身

1985年から名古屋で小濱安浩5に参加。ライブ活動を始める。その後、上京し、名古屋時代より共に活動していた滝野聡のデビューと共に、滝野バンドに参加し、ライブハウス、ラジオ等で活躍。また阿川泰子のバックバンドとして、日本テレビ「オシャレ30:30」にも出演。現在は東京を拠点に、各地のライブハウス、イベントなどで活躍中。JAZZだけでなく、FUSION・ROCK・SOUL・BOSSA NOVA・LATIN等、様々なジャンルに対応できるドラマーとして厚い信頼を得て、各イベント・CD録音などにも参加している。2006年、ニューヨークで活躍するミュージシャンと録音した初のリーダーアルバム”I’m a drummer.”を発表。

Message

私は福山市で生まれ、福山城を身近に感じてきました。いろいろな行事で行ったり、幼い頃家族で行ったり、高校生の頃は、毎日のように福山城を見ながら通学していました。私の祖父は「福山城は日本一の城じゃ」とよく言っておりました。建設当時の石高とは比べ物にならない大きさの城で、主君も徳川の血を引く方で、西国の要所として重要な城でした。福山にとって自慢の城です。この素晴らしい福山城の良さを多くの方に知ってもらえるようしていきます。


応援サポーター

チームよしもと(お笑い芸人)

ロクモンジャーさん

歴史を愛する芸人たちで結成された、歴史好き芸人ユニット。定期ライブやツアーを開催し、日本各地のイベントにも参戦中。歴史とエンタメを融合させるユニットです! メンバーは、はんにゃ・金田哲、ブロードキャスト!!・房野史典、いけや賢二、ロバート・山本博。

Message

この度、「福山城築城400年」応援サポーターの大役を仰せつかりました、歴史好き芸人ユニット・ロクモンジャーと申します。勇猛で人間味溢れる水野勝成公が築かれた福山城。こんなに素敵な城のPRができますことを、メンバー一同心から喜んでおります!また、メンバーの一人、房野の出身地は岡山県井原市です。故郷からほど近い福山の町には、数えきれないほど何度も足を運び、幾度となく福山城を仰ぎ見るという青春を過ごしてまいりました。少年時代を優しく育んでくださった福山と福山城には、ご恩しかありません!これからロクモンジャーは、他の応援サポーターの方々と力を合わせ、福山城を目一杯アピールしていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします!そして、福山の皆様にお目にかかれる日を、心より楽しみにしております!

応援サポーター

お笑い芸人

天津さん

向清太朗(写真右)
広島県福山市出身

木村卓寛(写真左)
兵庫県出身

Message

(向)天津向です。この度、福山城築城400年応援サポーターに任命していただきました。福山出身の僕が、18年育った町のシンボルと言ってもいい福山城のサポートが出来るなんて、夢のようです。昔同級生の放課後デートが福山城で、それを後ろから隠れてついていったのが途中でバレてしまい、むちゃくちゃ怒られた記憶があります。その福山城にまつわる記憶を今回の件で上書きしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
(木村)お城ってカッコイイですよね。兵庫県姫路市出身の僕は、小さい時からお城を見て育ちました。お城、大好きです。お城、カッコイイです。そんな僕の相方の向君が福山市出身ということで、この度はこんなステキなお話をいただきました。相方のお陰で何度か仕事で来させていただいた福山。その度に眺めたり登ったりさせていただいた福山城。福山城、カッコイイです。新幹線の駅が近いのが、今と昔の歴史のロマン感を倍増させてくれてます。そんな福山城が築城400年を迎えるということで、僕らも全力で応援させていただきます!築城400年が盛り上がること、あると思います!


応援サポーター

お笑い芸人

藩飛礼さん

竜児(写真左)
1977年生 広島県福山市出身

松本貴明(写真右)
1984年生 広島県廿日市出身

Message

どうも~松本です!竜児です!藩飛礼です!!わっしょい!!
この度福山市出身そして福山アンバサダーいう事で『福山城築城400年』応援サポーターに就任させて頂きました!ありがたき幸せ!!福山城は福山市のシンボルです。駅からも見える見事なお城です。子供の頃はよく天守に上って市内を見渡し殿様気分を味わいました。春には桜も見事です。水野勝成公が築いて400年。この歴史ある素晴らしい福山城をより多くの方に知って頂けるよう微力ながら全力でサポートさせて頂きます。福山城わっしょい!!

応援サポーター

お笑い芸人

ザ・シーツさん

瀬尾 健太朗(写真右)
1990年生 広島県福山市出身

北中 こぞう(写真左)
1994年生 東京都江東区出身

Message

(瀬尾)福山城400年応援サポーターに就任させていただきました、ザ・シーツの瀬尾健太朗と申します。小さい頃から福山市で育った僕にとって、福山城とは常にそこに在るものでした。小学生の時も中学生の時も高校生の時も嬉しい時も悲しい時も遊んでいる時もぼうっとしている時も、意識せずとも福山城はずっとそこに在ったのです。それもそのはずです。なにせ築城400年、福山城は400年間もずっとそこに在るのです。これからも福山城がみんなの思い出の中に在り続けるように、少しでも手助けができたらと思います。何より、地元福山に芸人として関われたのが嬉しいので全力で福山城築城400年を応援させていただきたく思います。 (北中)この度、福山城築城400年応援サポーターに就任させて頂きましたザ・シーツの北中こぞうと申します!相方が福山市出身ということで就任させて頂き大変光栄です!相方の友達の結婚式で一回福山市を訪れたことがあるのですが、とても良い街でした!ばらのまち福山市に偽りなし!また訪れたいです!相方の友達!早く結婚式やってください!


応援サポーター

城郭ライター・編集者

萩原 さちこさん

東京都出身

小学2年生のとき城に魅せられ、城めぐりがライフワークに。現在は執筆業を中心に、講演、メディア・イベント出演、アドバイザー業務など行っている。
著書に「お城へ行こう!」、「日本100名城めぐりの旅」、「図説・戦う城の科学」、「城の科学~個性豊かな天守の「超」技術」、「地形と立地から読み解く「戦国の城」など。ほか、新聞や雑誌、などの連載多数。
公益財団法人日本城郭協会理事 兼 学術委員会学術委員。

Message

「福山城築城400年」応援サポーターを務めさせていただく、城郭ライターの萩原さちこです。名城ひしめく広島県を代表する、価値があり見どころにあふれる福山城。全国の多くの城が2003~2013年頃に迎えた築城400周年を2022年に迎えることも、一国一城令後に築城された福山城が生まれながらにして「特別な城」である証ですね。全国唯一の鉄板張り天守、見てみたいです!

応援サポーター

ミュージシャン

いぶくろ聖志さん

詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンドである和楽器バンドのメンバーであり、箏を担当。
和楽器バンドは、2014年4月にアルバム「ボカロ三昧」でデビュー。2015年に発売したセカンドアルバム「八奏絵巻」はオリコン週間ランキング初登場1位を獲得し、第57回「輝く! 日本レコード大賞 企画賞」を受賞。2018年には5thアルバム「オトノエ」が第60回「輝く! 日本レコード大賞 アルバム賞」を受賞。2020年2月には、グラミー受賞アーティストEVANESCENCEのAmy Leeと共演し、ワールドクラスのパフォーマンスを披露するなど、今、日本のみならず世界中から注目を集めるアーティストである。

Message

福山に到着すると福山城が迎えてくれて、福山を出発する時も見送ってくれるお城は僕の中では福山市の印象と直結しています。福山市は僕の演奏する箏の日本一の生産地であると同時に、素晴らしい楽器を今でも送り出してくれている土地でもあります。さらに、2021年には和楽器バンドが「たる募金」で全国の皆様から預かった支援金を福山市役所へと届けさせて頂きました。そんなご縁もあり応援サポーターとしての役目を頂きました。僕の大好きな福山の魅力を多くの方に届けるお手伝いをさせて頂きますので、地元の皆様には、まだまだ僕の知らない福山の魅力を教えて頂ければ嬉しいです。


応援サポーター

映像ディレクター

山本 ヨシヒコさん

1979年生 広島県福山市出身

日本最大級の広告賞ACC TOKYO CREATIVITY AWARDにて2年連続ゴールド受賞(19,20)、海外広告賞も多数受賞。2021年夏には日テレ&Huluのドラマを初監督。実家が銭湯。

Message

福山市出身として福山城の新たな姿を応援サポーターとして一緒にお祝いできることを誇りに思います。

福山城築城400年×「信長の野望」

福山城築城400年×「信長の野望」ポスター

福山城築城400年記念事業の取組を市民の皆さんはもちろん、国内外の幅広い世代の方々に発信していきたいという思いを、株式会社コーエーテクモゲームス様にご賛同いただき、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」と「福山城築城400年」とのコラボレーションによるPRが決定しました。

PR企画の第一弾として、「信長の野望」に登場する武将の中から、初代藩主水野勝成とゆかりの深いキャラクター(9人)に今回、福山城築城400年応援サポーターに就任していただくことになりました。

水野勝成については、現在、福山城築城400年のオリジナルデザインをコーエーテクモゲームス様で制作していただいており、完成次第、発表させていただきます。

応援サポーターに就任した「信長の野望」の武将には、福山城築城400年記念事業のポスターやチラシ、パンフレット、公式サイトやフェイスブックなど様々な媒体に登場していただき、PRに協力いただくとともに、(スマホでプレイできる)アプリゲームを含めた、「信長の野望」シリーズとのコラボもしていただける予定です。

また、サポーターを活用したPRグッズも制作することにしており、福山城築城400年記念基金への寄附に対する返礼品等にも活用していきます。

福山城築城400年応援サポーター 一覧
(勝成とのゆかり)
福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 徳川家康」

徳川 家康

水野家と深いつながりのある
徳川家の当主

勝成は母方のいとこにあたる。勘当状態だった勝成と父・忠重を和解させ、忠重の死後、三河刈谷3万石を相続させた。
家康の子・秀忠の命により、勝成は備後へ入り、福山城を築城した。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 織田信長」

織田 信長

勝成に旗印を与えた戦国の覇者

高天神城攻めでは織田家の家臣として戦い、16ながらも首級を挙げ、感状をもらった。
また戦功の証として「永楽銭の旗印」の使用を許可されたが、勝成は恐れ多いと「裏永楽銭の旗印」を使用している。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 豊臣秀吉」

豊臣 秀吉

勘当され放浪していた勝成を
引き取った天下人

父親から勘当されて出奔後、豊臣秀吉に仕え、雑賀攻めや四国征伐などに従軍した。
戦後、摂津国豊島郡内(現大阪府)に700石の知行を許されている。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 伊達政宗」

伊達 政宗

大坂の陣でともに戦った独眼竜

大坂夏の陣で行われた合戦の一つ・道明寺の合戦でともに戦い、城方の先陣・後藤又兵衛や薄田兼相らを討ち取った。また、城方の後陣・真田幸村や毛利勝永の進軍を阻むなどの戦功を立てた。
幸村や勝永が撤退する際、勝成は追撃を主張したが、政宗ら諸将は応じなかったという。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 佐々成政」

佐々 成政

放浪中の勝成を引き立てた肥後国主

勝成が放浪時代に仕えたうちの一人。
成政が肥後国主となった後に起きた肥後国人一揆では、菊池城攻めで一番槍の功を立てるなど、一揆の鎮圧に大きく貢献した。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 小西行長」

小西 行長

放浪中の勝成を引き立てた、
商人出身の知将

成政の後に仕え、1000石を賜った。
天草五人衆が反乱を起こした際には、総大将・小西主殿介(小西行長の弟)の副将として出陣し、反乱の鎮圧に貢献している。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 加藤清正」

加藤 清正

勝成の義理の弟となった、
虎退治の猛将

勝成の妹は清正の正室・清浄院。
勝成自身も清正に仕えていた時期がある。加藤家が改易となった際に、勝成は子・勝俊とともに熊本城の受け取り役を務めた。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 黒田長政」

黒田 長政

放浪中の勝成を引き立てた、
熟慮断行の勇将

勝成が放浪時代に仕えたうちの一人。
豊前で国人一揆が発生した際は、長岩城攻めに従軍。
城を攻めあぐねた黒田軍が一時撤退する際に、黒田家の後藤又兵衛と殿(しんがり)を争っている。

福山城築城400年応援サポーター「信長の野望 - 宮本武蔵」

宮本 武蔵

大坂の陣で勝成の陣を護衛した、
生涯無敗の剣豪

大坂夏の陣には、武蔵は勝成の子・勝俊の護衛役として参陣した。
武蔵の養子・宮本三木之助(みやもとみきのすけ)は、水野勝成の家臣・中川志摩之助の子で、大坂の陣後に武蔵の養子となった。
福山市内には武蔵が腰かけたとされる「宮本武蔵腰掛石」がある。

 
image
福山城築城400年記念グッズの紹介arrow