福山城 城のあるまち 福のまち 福山城築城400年記念事業

福山城の魅力とは

福山城は徳川幕府から西国鎮衛の拠点として初代藩主水野勝成が中国地方初の譜代大名として
1619年(元和5年)、備後10万石の領主として入封し、1622年(元和8年)に完成した城です。
当時、中四国地方、九州地方は外様大名が多く治めており、
福山城築城にはそれらの外様大名たちを牽制し、再び戦を起こさないようにする役割がありました。
以降、水野家5代、松平家1代、阿部家10代の歴代藩主を通じて、幕末まで福山藩の政治の中心にとなりました。
1873年(明治6年)に廃城となり、多くの城の建物が取り壊されました。
さらに1945年(昭和20年)8月の空襲により国宝に指定されていた天守と湯殿も焼失することとなりましたが、
その後、1966年(昭和41年)に市制50周年事業により天守と湯殿、月見櫓が復元されました。

スペシャルコンテンツ

CGで再現された築城当時の福山城が見られる「自由に散策してみよう!福山城バーチャルツアー」や
福山の歴史を紹介する動画「福山城HISTORY MOVIE」など福山城を知って楽しめるコンテンツです。